トップページ 症状別メニュー 院長紹介 スタッフ紹介 ココがポイント 当院への地図 初診予約
2015年クリスマス会の様子
ココ歯科の名前の由来
県内初!歯医者のプラセンタ
痛くないよう治療を心掛けている歯医者です。
患者様の声
治療の流れ
駐車場20台完備。
ゆったりめの駐車場です。
女性・初心者にも安心。
ココ歯科クリニックのご紹介
診療理念
ココしか無い!3つの想い!
院長ブログ
  以前の院長ブログはコチラ
スタッフブログ
  以前のスタッフブログはコチラ
症例集
ココクラブへようこそ!
診療科目
歯周病・予防歯科
小児歯科
知覚過敏
デンタルエステ
レーザー治療
歯周病・予防歯科
「歯ブラシをすると、歯ぐきから血がにじむ」
「歯がグラグラして、咬むと痛い」
「歯が抜ける夢を見た」
「歯ぐきがこのところ腫れて変」
このようにおっしゃる方が沢山おられます。
自分の歯は大切。でも、このような方たちは歯周病になっているのです。
みなさんは歯周病ってどんな病気かご存知ですか?
なんとなく聞いたことあるよ、そんなの知ってるよ〜という方は多いと思います。
歯周病は放っておくと、歯の周りの骨が溶けて歯が動き出し、自然に歯が抜けてしまう恐ろしい病気なのです。
それも自覚症状が無く、ゆっくりゆっくり骨を溶かしてしまうんです。
では、どうすればいいの??

1.まずは、歯ブラシが大切。
「なんだよ、歯ブラシかよ!毎日磨いてるよ〜」と思われる方が多いようです。
たかが歯ブラシ、されど歯ブラシです。
磨いているようで、磨けていない人が多いのです。
歯磨き粉をたっぷりつけて満足していませんか?
歯ブラシの毛先をしっかり歯と歯ぐきの付け根に当てて磨いていますか?
テレビを見て、コマーシャルの間にチャッチャッとやって終わりにしていませんか?
時には、歯ブラシの仕方を歯科医院でチェックした方がいいでしょう。

2.歯ブラシでも取れない汚れ(歯石)を歯医者で取る。
歯周病の原因は、お口の中のバイ菌。
バイ菌(細菌)の固まりが歯石です。
歯石はどんな硬い歯ブラシを使っても取れないのです。
ですから、歯医者で専用の器械を使って、歯石を取ることが大切なんです。
そして、歯石が溜まらないように、3〜6ヶ月に一度は定期的に歯医者で掃除することが大切なんです。
また歯石が付く頻度は個人差があるので、詳しくは先生に相談してみて下さい。
「オレは歯石なんて、付きづらい体質だから。そんなの関係ねぇー!」というあなた!
口の中のバイ菌(細菌)は目に見えない位小さく、また、数百種類のバイ菌がウヨウヨいるのです。
また、歯石は歯ぐきの内側に入り込む為、やっぱり定期的に歯医者に行くことをお勧めします。

歯石を取る為の歯のクリーニングは気持ちいいですよ〜♪
みなさんも家の掃除はしっかりやりますよね。
また、天気の良い日には、愛車をピッカピカにワックス掛けまでして掃除しますよね!
掃除した後はどうですか?やって良かったと感じるでしょう。
歯のクリーニングもそうなんですよ!

3.どうすれば歯を長持ちさせることができるの?
現在、80歳の方の平均残存指数は、日本の場合たった6.8本です。(厚生省調べ)
80歳で20本の歯を残そうと、8020(ハチマルニーマル)運動を推し進めていますが、かなり厳しい数字です。
しかし、予防大国スウェーデンでは、75歳で平均19.5本の歯が残っているのです。
その違いは何か?
しっかりとした予防プログラムです。
定期的な歯のクリーニングや、予防グッズの充実、衛生士の活躍。
あなたの歯も、しっかり残すことは出来るのです。

歯周病が気になる方、改善したい方、自分の歯で一生過ごしたい方は、ココ歯科クリニックへお越し下さい。